Wimaxの解約手順、必要なものまとめ(Wireless Gate版)

以前から契約していたWimaxも通信料の規制に引っかかるようになり、

10月はもうまともにウェブサイトも見れない状態になっていたためついに本日解約しました。

 

数ヶ月前はWimaxの規制について署名運動も行われていたので、まだ一定数いると思われるWimaxユーザーに向けて解約手順をまとめておきます。

1.UQコミュニケーションズのサポートセンターに電話をかける

Wimax 解約 でグーグル先生に尋ねた結果UQコミュニケーションズが出たため、とりあえず電話をかけてみました。

UQコミュニケーションズ(0120-929-818)

自動音声の再生が始まり案内が開始されるため、解約宛につながるようにダイヤルを選択。

 

2.電話番号、住所、氏名を伝える

電話には物腰柔らかそうな男性が出ました。

 

男性「UQ コミュニケーションズでの契約ですか」

私「?、はい。」

 

なんかこんな感じのことを聞かれて、よくわからなかったのでとりあえず「はい」と答えておきます。

その後、住所、氏名、電話番号を伝えたところ、

 

男性「お客様の情報が登録されていないようです。家電量販店などでご契約されていませんか?」

私「あ、はい。家電量販店で契約してます。」

 

ヨドバシカメラで契約してたいため素直に伝えると、お兄さんは怒ることなく量販店で契約したWirelessGateのサポートセンターの番号を教えてくれました。

 

3.WirelessGateのサポートセンターに電話をかける

WirelessGate(03-6702-0076)

 

4.必要事項を伝えて解約

今度は女性が出て対応してくれました。

 

女性「本日はどのようなご用件でしょうか。」

私「Wimaxを解約したいんですけど」

女性「承知いたしました。IDを教えてください。」

私「?」

 

ズボラな私は契約した時のIDなどどこにあるのかわからなかったため、分からない旨を伝えます。

 

私「すいません、ちょっとわからないです。」

女性「では、お客様のお使いになられているモバイルルーターの機種を教えてください。」

私「〇〇です。」

女性「その裏側に書かれているMACアドレスを教えてください。」

 

MACアドレスで解約できるということに少し驚きましたが、モバイルルーターだとこんなものなのかも。

その後、名前を伝えて無事解約手続きは完了しました。

去り際にさらっとWimax2を勧められましたが、規制(3日で3GB)がある上光回線を契約済みなので断りました。

 

グッバイWimax!もう二度と使うことはないぜ!

 

まとめると結果として解約に必要なものは一つだけでした。

・モバイルルーター(MACアドレス)

 

 

そういえば今日はハロウィンとのことで、自作パソコンのパーツを買った時にもらったツクモちゃん(ハロウィンver)を。

s_DSC_0045

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です