予備知識ゼロでガルパン劇場版見に行ってどハマりした話

新年あけましておめでとうございます。
(新年何日目だ・・・)


昨年は志半ばで一人アドベントカレンダーを投げ出してしまったので、
今年は適度にブログを書く時間を取れるようにしたいですね。

さてさて、タイトルのお話ですが、
最近話題の「ガルパン」こと「ガールズ&パンツァー(GIRLS und PANZER)」をご存知でしょうか。

劇場版の興行収入が9億円を超えたり、アニメの舞台のモデルになっている町である「大洗町」のふるさと納税が昨年の21倍になったりと、
アニメを普段見ない人でも目にする機会があったのではないかと思います。

劇場版『ガルパン』興収9億円超え、杉山Pが明かす入魂の戦車シーンとは!?
http://news.mynavi.jp/news/2016/01/19/490/

ガルパン舞台の大洗町、1カ月でふるさと納税の寄付額が急増 返礼品にはガルパングッズも
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1601/09/news016.html

私は劇場版を観るまでタイトルを聞いたことがある程度しか知らず、アニメということはわかっていましたがどんなアニメなのかは全く知りませんでした。

昨年のとある日たまたま予定が早く片付き時間があるということで、話題になっていたガルパンを何も知らないながら見に行こうと思い立ちました。

多くの人が良いと言っていたこともあり何も知らないながらかなり期待値が高い状態で映画館へ。

見た感想としては、・・・ガルパンはいいぞ。

ネタバレを避けるためにもネット界隈で流行ったであろう「ガルパンはいいぞ」という言葉。非常にシンプルで良いと思います。

良いと思うところはいくつもあるのですがネタバレを避けながら感想を言うのであれば、

迫力のある上質な音響

これが最初の理由です。
むしろこれだけの理由のために映画館に行く十分な理由になり得ます。

「ガルパンはいいぞ」というだけ感想が多く見られるますが、
アニメに抵抗のない方、ある方でも映画館で上映されているうちに一度見に行ってみてはいかがでしょうか。

何も作品を知らない、予備知識もない私が楽しめたので、おそらく多くの方が楽しめるのではないかと思います。

それでは最後に、ガルパンはいいぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です