映画 – ハーモニー

感想

 

上田麗奈さんの少しイっている感じの演技が最高で、ゾクゾクした。
もちろん他のキャラクターも立っていたし、主役のトァン視点で進む物語なので演者の沢城みゆきさんの上手さも相まってかなり良かったです。
が、やはり上田麗奈さん演じるミァハが鮮烈に記憶に残っています。

 

考えさせられる良い作品だと思うんだが、SF好きはともかく伊藤計劃はカップルでみて楽しめるんだろうか少し疑問。
一人で見てもモヤモヤすると思うんだけど、誰かと見ても共感とかは難しいんじゃなかろうかというそんな映画でした。(こういう作品好きだけども)

<?Emotion-in-Text Markup Language:version=1.2:encoding=EMO-590378?>
<!DOCTYPE etml PUBLIC :~//EWNC//DTD ETML 1.2 transitional//EN>
<etml:lang=ja>
<body>
<list:item>
<i:さよなら、わたし。>
</list>
</body>
</etml>

追記
原作と割と異なるみたいで(媒体が違うから表現が異なるのは当然なんだろうけど)賛否両論あるようなので原作読みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です